「浜松花と緑の祭り2017」への出展

「浜松花と緑の祭り・2017」に参加し、出展しました。

● 日時: 平成29年10月14日(土)10:00~16:00

15日(日) 9:00~16:00

● 場所: 浜松市内アクト通り及び東ふれあい公園

● 参加インストラクター:

内山(両日)、廣野(14日)、藤田(両日)、サポーター(両日3人)

● 参加の概要

 会場は全体で52のブースが出展。14日は曇りのち小雨、15日は一日中小雨という悪天候の中ではあったが、この祭を楽しみにしている人も多く、当会のブースも、両日で190人の参加者があり、昨年の約1割減と(昨年は207人)、まずまずの入込であった。当会の出展内容と参加者数は次のとおり。

木の実の展示と木の実クイズ          48人

木のクラフトづくり              60人

木のコマづくりとタイムトライアル       82人

合  計                  190人

● 出展内容の簡単な説明

<木の実の展示と木の実クイズ> 12枚の樹木の写真を掲示してその樹木の名前を書いてもらい、合わせて、展示した木の実の中からその樹木に付く木の実を探してもらう、というもの。

<木のクラフトづくり> 「パズルクラフト」を4種類、「板を使ったクラフト」を3種類準備した。「パズルクラフト」とは「天然木の薄い輪切り材を分割破断し、それを余すことなく組み合わせて、動物などを作るクラフト」で、当会の広野さんが考案したもの。

<木のコマづくりとタイムトライアル> コマづくりは、市販の米ヒバ丸棒(太さ35mm)を厚さ15mmで輪切りしてその中心に6mmの穴をあけた円盤と、市販のヒノキ丸棒(太さ6mm)を長さ5cmに切った芯棒を用意し、参加者はこの円盤にマーカーで着色し芯棒を差し込んで仕上げるもの。

詳しくはこちら ⇒ 浜松花と緑の祭へ参加(実施報告)

 (このリンクをクリックすると、もう一度同じリンクが表示されます。お手数でも、それをもう一度押して下さい。)