夏休み 門池「寺子屋教室」実施報告

日時: 令和元年8月10日(土) 10時~11時

場所: 沼津市 門池公園

参加者: 13人 (中学生 5人、小学生 1人、父母 3人、講師など関係者 4人)

担当講師: 喜多、佐野

背景: 喜多会員(樹木医)が主宰するNPO法人「樹木いきいきプロジェクト」の中で、門池の環境保全と樹木草について学ぶ「寺子屋教室」を行い、二人の会員が講師を務めた。

内容:

  • 伊豆半島や周辺の海岸に自生する日本固有種のイソギクの保護について学んでもらった。
  • 当公園にもイソギクを植栽してあるが、その周辺に生えてきた雑草を調べ、イソギクの保護のため実際に草取りをしてもらった。
  • これを機会に、ここで目立つ メヒシバ、コニシキソウ、ヤブガラシ等 の雑草について学んでもらった。
  • 「雑草」という地味なテーマなので、カタバミの葉で10円玉を磨く遊びなどを取り入れ、子ども達を飽きさせないように工夫した。

詳しくはこちら ⇒ http://shinrinshizuoka.com/wp-content/uploads/2019/08/門池寺子屋教室_201908実施報告.pdf


それぞれの表題か見出し写真をクリックして下さい。内容が表示されます。

カテゴリー