「浜松・花と緑の祭り」出展報告

1 日 時: 令和元年10月19日(土)10:00~16:00
20日(日) 9:00~15:00

2 場 所: 浜松駅前アクト通り

3 参加者: 内山・広野・藤田、他にボランティア3人

4 概況:

  • 初日は雨模様で午後から本格的に降り出し、人出も少なかった。二日目は雨も上がったので人出も多く、親子連れや高齢者などで賑わった。
  • 当ブースでは、①木のクラフトづくり、②木の実クイズ、③ヒマワリの宝の種さがし、を出展した。
  • ①の「木のクラフトづくり」は従来から本ブースのメインの出し物で、今年はペン立ての製作体験に加え、初めてそのキット販売も行った。ウサギ、カメ、スズメ、ワンちゃんの4種のパズルクラフトを揃えた。28人の製作体験に加え、17個のキットを買い上げてもらった。
  • ②の「木の実クイズ」も従来からの出し物で、今年は問題を少しやさしくして、12種の木の実についてその名前を書いてもらった。両日で合計62人の参加があった。
  • ③の「ヒマワリの宝の種探し」は、今回が初めての出し物。内山会員が主宰する行事で収穫したヒマワリの種を使って、実の詰まったよい種を見つけ出し、「宝」として持ち帰っていただくというもの。フウセンカズラの種も希望者には持ち帰ってもらった。両日で合計85人の参加があった。

詳しくはこちら ⇒ http://shinrinshizuoka.com/wp-content/uploads/2019/10/浜松・花と緑の祭り2019_出展報告.pdf


それぞれの表題か見出し写真をクリックして下さい。内容が表示されます。