高山・市民の森 森林教室実施報告<花炭づくり>

  1.  実施日時   令和2年11月8日(日) 10時~14時
  2.  実施題目  森の散策と花炭づくり
  3.  参加講師名  森林インストラクターしずおか
    • 主担当:     越智、高橋
    • アシスト: 青野、大石、小久保、小嶋、佐野、杉山、中川、早川、矢下
  4.  参加者 21人 (7家族: 大人10人、子ども9人)、他に成人 2人
  5.  概要  午前中は森の散策、午後は花炭づくりと焼き芋を体験してもらった。
  •  当日は晴れという予報より天気は良くなく一時青空が見られたが曇りがちで、視界・展望には恵まれなかった。今回は久しぶりに参加者が多く盛況であった(申し込み30人で、キャンセルが2家族9人)。道に迷ったりしてやや遅れた参加者がいたが、全員集合後に軽いストレッチをしてから5班に分かれていただき、観察ウオークに出発した。
  •  それぞれの班に1~2名のインストラクターがつき、大半の班が山頂を目指して歩いた。途中では捕虫網を持って虫捕りをしながら歩いた班もあったり、林道付近ではカモシカの姿を見かけた班もあったりした。インストラクターから植物の解説を聞きつつ、クロモジの枝の香りやクサギの葉の匂いを嗅いでみたり、コバノガマズミの実の味見をしたりしながら歩いた。
  •  山頂では霧がなかなか晴れず、残念ながら富士山や駿河湾の眺めを楽しむことはできなかった。それでも、頑張って山頂まで登ったという達成感も感じてもらえたようだ。
  •   昼食後は花炭づくりを体験してもらった。予め我々が用意した各種松ぼっくり類や、ドングリ、トチの実、クリの毬や蓮の実などを蒸し焼きにして花炭にした。どの班でもきれいに花炭ができて、皆さんにとても喜んでもらった。できた花炭は、用意した容器に”満載”にして持ち帰っていただいた。また花炭の後の残り火で、焼き芋も作った。美味しい焼き芋が出来上がり、それも頬張って大いに楽しんでもらえたようだ。

詳しくはこちら ⇒ http://shinrinshizuoka.com/wp-content/uploads/2020/11/高山実施報告書(花炭)202011.pdf


それぞれの表題か見出し写真をクリックして下さい。内容が表示されます。