浜松・花と緑の祭り2022 出展報告

日時: 令和4年10月15日(土)~16日(日) 9時~16時

場所: 浜松市 アクト通り

ブース来訪者: 51名(クイズ等参加、パズル等購入)

担当者: 内山、廣野(担当)

出展内容:

1、木の名前当てクイズ

今年は例年の木の実を対象にしたコース(故藤田会員が作成)に加え、散歩道コ―スを新設した。参加者には粗品を進呈、更に内山会員が栽培したヘチマから作ったたわし、それにヘチマの種と瓢箪の種も進呈した。

 

2、パズルクラフトの販売

パズルクラフト ペン立て

パズルクラフト パズルキット (5種)

おまけにどんぐりコマをつける。

 

参加者数:

             15日    16日  計   

木の名前当てクイズ 参加者  32名    19名  51名

パズルクラフト販売 ペン立て 20個    20個  40個

パズル    2個     5個   7個

 

 出展者数は40で昨年とほぼ同じ。花、植木、緑化ボランテアが主体で飲食店は3店ほどだった。両日とも天気が良く、人の出も昨年よりも多く感じた。感染防止のため、昨年同様に体験講座の代わりにキットを販売し、持ち帰り制作してもらう形にした。木の名前当てクイズは内山が担当、クラフト販売は廣野が担当した。ヘチマたわしの人集め効果は大きく、クラフト販売にも良い影響があった。名前当てクイズは2日目早々に進呈品がなくなるほど盛況だった。

詳しくはこちら ⇒ http://shinrinshizuoka.com/wp-content/uploads/2022/10/実施報告_2022浜松花と緑の祭りへの出展.pdf


それぞれの表題か見出し写真をクリックして下さい。内容が表示されます。

カテゴリー